厳選した国産信州牛すきやき、しゃぶしゃぶ、焼肉の宗石亭[長野県須坂市]

ギュウブロ

<<  2008/04/  >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー:
2008年04月02日
本当は信州黄金シャモを使いたい。

信州で地鶏といえば、県畜産試験場が開発した信州黄金シャモが有名です。
マスコミでも取り上げられ、評価も高いようです。
しかし残念ながら、現段階では丸鶏一羽でしか流通していないようなので、当店のような形態の店では使えません。

20080402-1.jpg

地鶏塩は人気メニューのひとつです。
銘柄はいろいろ試食してみましたが、徳島県産の阿波尾鶏が最も安定した品質で生産者の顔が見える体制を整えています。
脂身が少なく、味・歯応えともに一級品だと思います。
お試しください。

20080402-2.jpg

それにしても、信州黄金シャモを早く使いたいものです。
流通関係の方々、よろしくお願いします。

20080402-3.jpg
2008年04月04日
スイーツの誘惑。

ご家族での食事でも職場の宴席などでも、締めくくりにはやはりデザートが恋しいものです。
こってりしたお肉料理を楽しんだ後は、とくに甘酸っぱいフルーツのシャーベットやほどよい甘さのアイスクリームなどが好まれます。

20080404-1.jpg

宗石亭ではそんなデザート類を数多く取り揃えております。現在のところ一番人気は「まるごと苺アイス」その次には「レモンシャーベット」次に「バニラアイスクリーム」の順でしょうか。

20080404-2.jpg

お子様や女性に限らず、しこたまお酒を召し上がった男性陣が照れくさそうにシャーベットを注文する場面もしばしばあります。美味しいんですよね、お酒とおしゃべりのあとの冷たいデザートは。

最後にはスイーツの誘惑も待っている宗石亭です。冷たいデザートをいかがですか。

20080404-3.jpg
2008年04月05日
須坂でランチ 国産信州牛切り落とし2

すき焼・しゃぶしやぶ専門店では、きれいな皿盛のお肉をお客様に提供するために、毎日必ず切り落としが余ってしまいます。
精肉店を経営してい頃は店頭で販売し、「割安で美味しい」と常に人気癸韻任靴拭

現在切り落としはサービスランチとして、ご昼食の時間帯のみ丼物や定食でお召し上がり頂いてます。

すき焼重  850円(税込み、コーヒー付き)
上すき焼重 1000円(税込み、コーヒー付き)

上すき焼重はロース肉が含まれていていますので、お肉が柔らかくお値打ち感があると思います。

20080405-1.jpg

焼肉重 850円(税込み、コーヒー付き)
切り落としと玉ねぎを炒め、特製味噌だれで調味しました。
濃い目の味付けがご飯との相性バツグンです。

20080405-2.jpg
2008年04月07日
宗石亭の書。

一階正面玄関に入ってすぐの壁に掛けられた「宗石亭」の書。小布施町の市村氏によるこの書は不思議と人を惹きつける独特の魅力を持つ字体です。お客様の皆誰もがつい立ち止まって見入ります。

20080407-1.jpg

デジタル全盛のいまの時代だからこそなお、私たちはこのような素晴らしい筆文字などの超アナログなものが発するパワーやエネルギーに対して敏感なのかもしれませんね。

2008年04月09日
お花見のご宴会は焼肉コースで。

歓迎会とお花見を兼ねてのご宴会の時期です。
暖かい日が続くと焼肉コースのお問い合わせが増えています。
生ビールも美味しく感じる季節がやってきました。タン塩とカルビで盛り上がってください。

焼肉コース 3150円(お一人様、税込み)タン塩・カルビ・ロース・みゆき豚ロースの組み合わせで合計300gのボリュームです。
週末の大広間のご予約がそろそろ混み合ってきました。お早めにお問い合わせください。

20080409-1.jpg

こちらの画像は信州牛ヒレステーキ。
進学や就職のお祝いでしょうか、ご家族のお食事の席でのご注文が増えています。
信州牛ヒレステーキカット 2575円(税込み)
もちろんタレでもお召し上がりいただけます。柔らかいですよ。

20080409-2.jpg

当店では熟練目利きの者の厳しい選択により、肉色、色合い、霜降り、脂質などにこだわっています。
美味しいお肉は美しい。

20080409-3.jpg
2008年04月11日
すざかのお花見スポット穴場情報。

いまや全国的に知られる臥竜山のさくら祭り。県外からも多くの観光客が訪れて賑わいます。まちがいなくそれだけ魅力のある桜の名所です。

20080411-1.jpg

宗石亭から徒歩7〜8分に位置する森上小学校〜八幡墨坂神社のエリアは、季節になれば地元では「そろそろあの辺りも満開になったかなぁ。」とささやかれるお花見の穴場です。
もちろん学校施設などの敷地内で酒と肴でお花見を、とはいきませんが散歩がてらに歩いてみることをおススメいたします。

20080411-2.jpg

こちらの写真は八幡墨坂神社。場内は思いのほか広々としていてそそり立つ大樹が堂々としていて圧巻です。もちろん道路沿いに植えられた桜の木々は見ごろの時にはとても美しいです。
これからうららかな春の訪れとともに日に日に彩る樹木の芽吹きもまた素晴らしいですよ。真夏の夕涼みや晩秋の紅葉、季節ごとのお祭りなどでも賑わうスポットです。

20080411-3.jpg

桜満開の頃にまたこのエリアのお花見情報を発信する予定です。

2008年04月12日
いよいよ桜開花。

昨日まではまだまだつぼみだった桜の花がほころび始めました。いよいよすざかのお花見シーズンの到来でしょうか。
早朝ははだまだちらほら開花している程度でしたが、日中気温の上昇と共に開花が進みそうです。

20080412-1.jpg

この場所は市内を流れる百々川河川敷。あちらこちらに桜が植樹されていて見所はいっぱいです。
お弁当を持参してのお花見には絶好のスポットです。

20080412-2.jpg

学校や工場などの施設敷地などでも桜の大樹が多く見られます。これから日に日に見ごろになりそうですね。

20080412-3.jpg
2008年04月14日
ワインバリエーション。

宗石亭では数多くのワインを取り揃えています。
いずれのワインも価格がリーズナブルなものが多く、気兼ねなくお楽しみいただけるのではないでしょうか。

20080414-1.jpg

現在当店で人気があるワインは、

赤ワインはチリ産のカベルネソービニオン\2250(税別)。ほどよい渋みのバランスが喜ばれているようです。

白ワインはイタリア産のソアベ\1680(税別)。キレのある辛口のサッパリとした飲み心地が人気です。

現在ワインのラインナップは合計13本以上。更に新たに数本検討中です。
宗石亭の上質なお肉料理にワインなどいかがですか。

2008年04月16日
魅惑の上カルビを焼く。

今日の須坂は日中気温がぐんぐんと上昇して5月上旬頃の陽気となりました。そうなると途端に「ジュワッ!と焼肉を」・・な気分になるのでしょう。お客様の無煙ロースターテーブルに次々に美味しそうな信州牛が運ばれていきます。

20080416-1.jpg

写真は魅惑の上カルビ ¥15,00(税込1575円)」です。上質な肉質とジューシーな脂質は文句のつけようがありません。
生ビールでも、炊き立てご飯でも、サンチュでも相性は抜群です。その美味しさのハーモニーを是非みなさんご堪能ください。

20080416-2.jpg
2008年04月21日
すざかのお花見スポット穴場情報◆

先週頃に見ごろのピークを迎えたすざかの各お花見スポット。あいにくの天候や強風・降雨により桜は徐々に散り始めていますが、まだまだ存分に楽しめそうです。

20080421-1.jpg

こちらの写真は臥竜公園・須坂動物園南側、長野県須坂看護専門学校沿いの桜並木です。
桜の木々に包まれて歩くだけで気分がいいものですね。

20080421-2.jpg
2008年04月25日
葉桜風情〜すざかのお花見後半戦。

すざかのお花見シーズンもいよいよ後半戦に突入です。段々花びらが舞い落ちて葉桜になりつつあります。

20080425-1.jpg

葉桜と新芽、他の樹木の芽吹き。淡く新緑が広がる様もなかなか風情があってよいものです。
この季節特有の日々の天候や気温差に驚くことが多いですが、これからの行楽シーズンが楽しみですね。

20080425-2.jpg
2008年04月28日
百々川に泳ぐ鯉のぼり。

いよいよゴールデンウィーク突入です。すざかの気候も行楽日和りが続きそうです。すざかのさくら祭りはいよいよ終盤ですが、その他にも素朴な味わいの観光スポットがありますよ。

20080428-1.jpg

写真は臥竜公園の南側、百々川河川敷(高甫橋上流付近)飾られた鯉のぼり。「子どもたちの健やかな成長を願って100匹の鯉のぼりが泳ぎます。」
ということですが、訪れた家族連れやお子様達は思わず数えてしまいますね。

20080428-2.jpg

すざかの桜は里から山へ。新録が広がり始めた里山の中腹に点在する桜の木々が淡い彩を添えています。

20080428-3.jpg

場所だけでなく桜の品種にも咲く時期の違いがあるようです。ソメヨシノやシダレザクラから、これからはヤマザクラが開花の頃を迎えているのでしょうか。

2008年04月30日
焼肉のタレの個性 醤油ダレ

ゴールデンウィークを直前にして、今日は初夏を思わせる気温になりました。
焼肉の濃厚な味と生ビールの季節の到来です。
トロリと溶ける信州牛の脂に負けない特製のタレと、上肉の希少部位を仕込み終えました。
ご来店をお待ちしております。

当店の焼肉のタレの特徴は、生のレモンを大量に使用するところにあります。
タレ作りは最初にレモンを大量に絞り、レモン醤油を作る作業から始めます。
レモンの酸味と爽やかな香りは、和牛の脂っこさをビシリと押さえ、旨みを引き出してくれます。ニンニクは控えめにしてありますので、物足りない方は係の者にお申し付けください。

20080430-1.jpg

ニンニクは控えめにしてありますが、かわりに長ねぎを大量に使用しています。
網で焼いた時にニンニクとは違う、甘い香りと旨みが感じられると思います。

他の焼肉店に比べ、個性的なタレに仕上がっていると思います。特に上カルビのような濃厚な味わいの肉には、しつこさを感じさせないタレです。
是非、お試しください。

20080430-2.jpg